剣道を始めるための情報、道場・剣友会、防具の選び方、剣道お役立ち情報、剣道体験談など、剣道情報サイト
Web剣道タイトル画像
トップページ > 剣道上達コラム > 剣道の動きを支える「足さばき」
剣道の技術や技、練習法などのコラム集 space
剣道の動きを支える「足さばき」

 剣道で足の動かし方は基本です。この足の動かし方のことを剣道では足捌(さば)きと言います。きっと多くの方が習い始めはこの足捌きから教えてもらうことが多いしょう。

 しかし、基本だからといって決して地味な技ではありません。むしろとても重要な技です。

 なぜならば、攻撃では相手との間合いの駆け引きもスムーズにでき、攻撃や守りで無駄のない動きをすることが出来ます。
 強い人や経験豊かな人は、こういった事が当たり前のように出来ています。と言うことは、足捌きが確実に出来ることによって、より上達できるというわけですね。

 強い人はこの縦・横そして斜めの動きと多彩な動きが出来ています。そしてこの動きを支えるのが足捌きということですね。

 そして、剣道の足捌きは4種類あります。歩み足、送り足、継ぎ足、開き足と呼ばれています。ではそれぞれを見ていきましょう。


歩み足

 歩み足とは、日常の歩き方と同じです。剣道では相手との距離が離れている時などで素早く動くときに使われます。


送り足

送り足 移動する方向に対して、近いほうの足を先に動かします。例えば、右に進む時は、右足を先に動かし、その後に左足を右足にひきつけます。
 送り足は、小さくそして素早く動くときに有効です。今の剣道ではこの足さばきが最も使われてます。
 特に初心者が小手面といった連続技がスムーズに出来ないのはこの送り足が出来てないからなんですね。
 これが素早く出来るようになれば、連続技もスムーズに素早く出来るはずです。



継ぎ足

継ぎ足 左足(後足)を右足(前足)の近くまで引き付け(その勢いで)、右足から素早く攻めたり、大きく踏み込んで打つ事が出来ます。

 僕は継ぎ足をよく使っていたのですが、左足をひきつけた時僕の体制は重心が前に移っているものだから、相手に僕が攻撃することが思いっきりばれているんですね(笑)。当然そうなると意味のない動作となってしまいます。
 継ぎ足のコツとしては、左足を引き付けていることが相手にばれないようにすることです。そうすれば、剣道では左足が起点となって前へ飛び込むので、相手にばれずに(実質的な)間合いを詰めることができます。



開き足

開き足 身体を左右にさばく時に使います。足だけでなく腰でまわる事が大切です。開き足はスムーズに身体の向きを変えることができ、身体全体で相手の攻めをかわしたり、違った角度で相手を攻めるのに有効です。
 相手の攻撃をよける為にただ身体の一部だけでかわすのではなく、身体全体で無理なくかわす事ができます。また、自分の姿勢が常に整っていることで、無理なく次の動作に移ることができます。



 あまり動きすぎるのは問題ですが、いろいろな動きが出来ることで剣道の幅が広がります。また、たとえ積極的に行動した時の失敗は、失敗の原因さえ取り除けば必ず後につながるはずです。
 基本の技ではありますが、是非マスターしたい技でもあります。

space
トップページ > 剣道上達コラム > 剣道の動きを支える「足さばき」
▼関連記事
▼Web剣道コンテンツ
Google
 
Web www.web-kendo.com
 
当サイトはGoogle社のGoogle Adsenseという広告を配信しており、その配信で「クッキーおよびWebビーコン」が当サイトの訪問者数を計るためなどに使用されております。
詳しくはプライバシーポリシーをご覧下さい。