剣道を始めるための情報、道場・剣友会、防具の選び方、剣道お役立ち情報、剣道体験談など、剣道情報サイト
Web剣道タイトル画像
トップページ > 剣道の始め方 > いろいろある「道場・剣友会」
これから剣道を始めたい方に向けたコラム集 space
いろいろある「道場・剣友会」

 道場や剣友会にもいろいろと特色があります。道場を探すときに、それぞれの特色を知っておくと、剣道を始めやすくなるでしょう。

 剣道をこれから始めようという方は剣道を探すのにあたって参考にしてみてください。




1.週数回で町の子供たちや大人たちを教えている道場

 小学校の体育館や近場の稽古場などで先生が子供から大人たちを教えます。このような道場が今最もよくある一般的な道場でもあります。

 子供たちを中心に教えるところが多いため、その親が始めるキッカケとなる場合もよくあります。また習うところにもよりますが、大人たちにとっては自分のペースで剣道をすることができますので、仕事を持った方にも気軽に剣道を習えるでしょう。




2.警察などの団体が主催している道場

 警察や企業などが剣道部として活動している団体で、子供たちや初心者たちにも開いているところもあります。特に警察では一般の人に開いているところが多くあります。近くに剣道を教えている道場や剣友会がないという方は、こういったところに参加させていただくのもいいでしょう。
 また、全く一般の方たち(部外者)を受け付けていないところもありますので必ず連絡をして聞いてみてくださいね。




3.古く昔から伝わっている流派を教えている道場

 昔からその地域や道場に伝わる流派を教えています。近藤勇の「天然理心流」や柳生の「柳生新陰流」といった流派ですね。

 江戸時代から明治までの剣道(剣術)にはたくさんの流派があって、各道場でそれぞれの流派を教えられていました。それが戦前に剣道を同じ形に統一しようと、今の『現代剣道』ができました。

 現在習うことが出来るのは、その流派を教えている道場へ行くか流派を習った方に出会うことで習うことが出来ます。




4.上級者や剣道の仲間内だけで行っている稽古会

 番外編です。稽古会はこれから剣道を始めようという方にはあまり関係ないのですが、剣道を始めた後のためにも知っておくといいでしょう。

稽古会とはそれほど頻繁に顔を合わせられない人たちと集まってする稽古の「会」です。「あの先生と手ほどきを受けたい」などと、あまり一緒に稽古ができない人たちと剣道をするために集まります。初心者よりも中級者や上級者のための稽古ですね。

 稽古会にはそれぞれ目的があり、「上級者のみの稽古会」や「仕事上、月に一回だけの稽古会」、「ネットで仲良くなった人達だけで集まる稽古会」といった形であります。

 「もっと剣道が上手くなりたい」といった方はこういった稽古会に参加させていただくと、いろんな人たちの剣道が見れて良いかもしれませんね。

space
トップページ > 剣道の始め方 > いろいろある「道場・剣友会」
▼関連記事
▼Web剣道コンテンツ
Google
 
Web www.web-kendo.com
 
当サイトはGoogle社のGoogle Adsenseという広告を配信しており、その配信で「クッキーおよびWebビーコン」が当サイトの訪問者数を計るためなどに使用されております。
詳しくはプライバシーポリシーをご覧下さい。